ヒアラクト 美容医療でも使われているケミカルピーリング剤をご自宅でお手軽に。パソコン用の画像 ヒアラクト 美容医療でも使われているケミカルピーリング剤をご自宅でお手軽に。 スマートフォン用の画像

知ってますか?
中分子ヒアルロン酸のこんな話



トカゲの尻尾の再生は有名です。

ヒトも妊娠27週までの胎児もこれと同じく元に復元します。
この時期の母親の羊水中に存在するヒアルロン酸の分子量は10~30万の中分子量型のヒアルロン酸です。通常化粧水に含まれるヒアルロン酸の分子量は100万以上のものが使われます。これくらいのサイズだとほとんどが表皮層に浸透せず、角質層を覆い保湿の効果があるといった程度です。 そこで分子量を10~30万の中分子量にすることによって、肌への浸透を良くし肌再生にご期待いただけます。



ご購入前にご確認ください
ヒアラクトは専売品なので
クリニック・エステでのみご購入いただけます。


products

製品情報

hyalact

ヒアラクト

ヒアラクトは発酵製法(動物由来ではない)により製造されたヒアルロン酸で、母親の羊水と同等の分子量10~30万のみを使用した目元専用の中分子ヒアルロン酸美容液です。
浸透力の高い中分子ヒアルロン酸を使用することで、表皮に留まらずに真皮層まで浸透し、シワを押し上げ目立たなくします。また、この分子量のヒアルロン酸は毛細血管を委縮するとの報告もあり、赤ら顔や傷の赤みに対しての効果にも期待いただけます。
中分子ヒアルロン酸は細胞間の結合を補正する働きを持つと言われ、ターンオーバーの乱れた肌のキメを整え、ハリのある美しい肌へ導きます。

成分:水、ヒアルロン酸Na、乳酸、フェノキシエタノール、BG、炭酸水素Na、セルロースガム、金、銀
容量:15ml(容量15ml 1回3滴使用で約100回分)
価格:店頭希望小売価格 1個 ¥9,900(税込)
2022/05/16 販売開始

characteristics and differences of hyaluronic acid

ヒアルロン酸の特徴・違い

ヒアルロン酸は一般的に分子量により高分子・中分子・低分子に分類されます。
100万程度が高分子、10万~30万程度が中分子、~10万程度が低分子と、
ヒアルロン酸は用途により分子量を調整されています。

ヒアラクト

高分子ヒアルロン酸

分子量が大きく保水作用は高いが分子量故に経皮吸収の場合、吸収性が難しくお肌のハリやシワの改善を期待するためには分子を少なくすることが望ましい。

中分子ヒアルロン酸

浸透性だけでなく細胞間結合を補正する働きを持つと言われ、現在再生治療への応用が期待され注目されている。下記論文の説明でヒアルロン酸の中で中分子ヒアルロン酸だけが創傷治癒の効果期待が持てると説明している。

低分子ヒアルロン酸

分子量の小ささのために細胞を結合できず、真皮層をすり抜け皮下組織まで浸透してしまう。また、全身の組織に広く分布している自然免疫マクロファージに異物として処理されてしまうため効果持続時間が短い。

characteristics and differences of hyaluronic acid

ヒアルロン酸の特徴・違い

ヒアルロン酸は分子量により100万程度が高分子、10万~30万程度が中分子、~5万程度が低分子と用途により調整されて利用されています。

ヒアラクト

高分子ヒアルロン酸

分子量が大きく角質層に潤いを与え、保湿を目的として多くの化粧水などに用いられる。 分子量の大きさのために経皮吸収が難しく、お肌のハリやシワの改善を期待するためには分子量を少なくすることが望ましい。

中分子ヒアルロン酸

浸透性だけでなく細胞間結合を補正する働きを持つと言われ、再生治療への応用が期待され注目されている。裏面論文でヒアルロン酸のなかで中分子ヒアルロン酸だけが創傷治癒の効果期待が持てると説明している。

低分子ヒアルロン酸

分子量が小さいので表皮層、真皮層と浸透していく。ハリやシワの改善に効果があると言われている。ただ全身の組織に広く分布している自然免疫マクロファージに異物として処理されやすく、効果持続時間が短い。

society

“中分子ヒアルロン酸”だけが傷を治す

申し込み

2012年にアメリカで中分子ヒアルロン酸の効果に関する論文が発表されました。
論文によると、ヒアルロン酸の中で中分子ヒアルロン酸だけが創傷治癒における治癒を促進するための新しい治療戦略を表す可能性があることを示しました。

※【参考文献】
Hyaluronan fragments improve wound healing on in vitro cutaneous model through P2X7 purinoreceptor basal activation: role of molecular weight. Ghazi K,et al.PLoS One. 2012;7(11):e48351. 「中間分子量サイズのヒアルロン酸(10万~30万)には、傷を治す力があるが、小分子量(5千~2万)や大分子量(100~140万)のものには無い」という論文

Hyaluronic acid, an important factor in the wound healing properties of amniotic fluid: In vitro studies of re-epithelialisation in human skin wounds. Nyman E, et.al.J Plast Surg Hand Surg. 2013 Apr;47(2):89-92. 「羊水中のヒアルロン酸に傷を早く治す力がある」という論文

2012年 海外の中分子ヒアルロン酸の効果に関する論文
when should I use it?

いつ使えばいいの?

申し込み

毎日の入浴後、素肌が一番クリアな時にご使用するのをおすすめいたします。 普段のスキンケアの一番初めに目元や気になる部分にお使い下さい。 使用後は乳液や美容液などでしっかりと保湿をしていただいてからお休みください。

※ラクトピールと合わせてご使用いただくと、より効果にご期待いただけます。

how to use

ご使用方法


1. まずは洗顔

化粧を落として素肌になります。
洗顔後は塗布部位の水分をしっかりと拭き取ってください。

洗顔
分量は500円玉位

2. 分量は

目元の場合、スポイトで3滴を手に取り、手のひらから指で取って塗ってください。

3. 塗り方

気になる部分に垂れないくらいにたっぷりと塗布します。はじめはヌルヌルした感触ですが、塗り込むうちにサラサラになります。

塗り方
塗布時間は10~15分

4. 最後に保湿

中分子ヒアルロン酸は、それ自体に保湿効果が少ないので、塗布後は保湿剤などで保湿することをおすすめしています。

how to use

ご使用方法


1. まずは洗顔

化粧を落として素肌になります。
洗顔後は塗布部位の水分をしっかりと拭き取ってください。

まずは洗顔

2. 分量は

目元の場合、スポイトで3滴を手に取り、手のひらから指で取って塗ってください。

分量は500円玉位

3. 塗り方

気になる部分に垂れないくらいにたっぷりと塗布します。はじめはヌルヌルした感触ですが、塗り込むうちにサラサラになります。

ラクトピール

4. 最後に保湿

中分子ヒアルロン酸は、それ自体に保湿効果が少ないので、塗布後は保湿剤などで保湿することをおすすめしています。

ラクトピール